2月1日のつどーむ会場を皮切りに開催された”さっぽろ雪まつり”が12日に終了いたしました。今年も中国語メンバーは、大通6丁目・9丁目、つどーむの3拠点にて延べ31名がボランティアガイドとして活動に参加しました。

今年は春節休暇終了後の開催となったため、中華圏からの来客はやや少ないように感じられました。

実際に各会場で観光情報などをご案内した中国・台湾・香港からのお客様の数は、中国大陸からのお客様が昨年に比べ若干減少したものの、台湾が大幅に増え、大陸・香港と合わせて400人近い方々に雪まつりの見どころや札幌の魅力をお伝えすることができました。

第67回さっぽろ雪まつりが2月5日スタートいたしました。当ボランティアネットワークのメンバーは大会前日の4日から大通会場6丁目及び9丁目の臨時観光案内所にて、外国から観光に来られたお客様に対し、言葉の壁を越えて雪まつりを楽しんで頂くため案内活動を行っています。

  
 今年の雪まつりは比較的好天に恵まれ、多くの観光客が会場を訪れ、迫力ある大雪像の芸術作品を楽しみ、夜にはライトアップやプロジェクションマッピングなどで光の演出を楽しんで頂いております。










8日からの春節休みに伴い、中国からも多くの観光客が訪れています。英語やドイツ語・フランス語・韓国語等とともに中国語スタッフを常駐させておもてなしの活動を行っております。中国語のスタッフを見つけたら一言お声をかけてください。

 

 冬の北海道の風物詩、第66回さっぽろ雪まつりが2月5日開幕しました。
今年も多くの観光客が国内のみならず世界中から訪れています。外国人観光客の皆様にも言葉の不自由なく雪まつりを楽しんでいただけるよう、当外国語ボランティアネットワークのメンバーが、期間中、大通会場6・9丁目案内所、つどーむ会場案内所にてガイドを実施中です。
 当中国語ユニットメンバーも、中華圏からのお客様に雪まつりの雰囲気を味わっていただき、また冬の札幌の魅力を存分に満喫していただくためにさまざまな情報発信を行っています。





 

1

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM