10月に引き続き、11名が参加し第2回目の時計台での中国語ガイド研修会を行いました。

あいにく中国人観光客の入館者が少なく、実戦的な研修はできませんでしたが、事前に各自が思い思いに練習してきた成果を披露しあいました。

時計台ユニットの実行責任者の吉村さんより、次年度の更新期に一人でも多くのメンバーが時計台ユニットに登録し、中国語での案内による中国や台湾からの多くの来館者へのガイド活動を期待しているとの言葉を頂きました。
中国語ユニットにおいても、次年度の活動を目指し練習を重ね、中国語での交流の機会が増えることを期待しています。

11月例会は8日(木)に8名参加で実施、多忙を縫って参加頂いた交流員さんより、久しぶりに最新の中国事情についてお話を頂きました。中国の若年層に人気のある中国映画の話題と、紹介文の中に頻繁に出てくる最新の中国語の単語や言い回し等について学びました。新華辞典にも載っていない新しい言葉の理解はまさに「焼脳」でした。

例会の後、リニューアルオープンした札幌時計台を訪れ、期間限定で無料で参観できる内部を見学させて頂きました。

内部の展示や施設に関し、時計台ユニットのガイドを兼ねているS会員にお願いし、中国語で説明頂きました。

(たまたま入館された中国人観光客も一緒に盛り上がるほど巧みなガイドぶりでした)

時計台内部の展示や施設、時計の動く仕組み、歴史的背景などについて説明頂き、改めて「札幌時計台」の観光資源としての価値を認識するとともに、S氏の中国語での手慣れたガイドぶりにも感心させられました。

 

札幌時計台の台湾向けプロモーションの映像作りに協力いただいた中国語ユニット所属のSさん。時計台ユニットでも活躍されており、撮影当日、たまたま来館された台湾のお客様に中国語で時計台の案内をされました。下記のURLから動画をご参照ください。


http://www.youtube.com/watch?v=4A9mIvKzHCQ

1

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM