3月26日、融けた雪の下から若緑の草の芽が顔を出し始めた春まだ浅い北の大地の玄関口に、本州から津軽海峡を越えて北海道新幹線の一番列車が入線しました。やや遠く離れたここ札幌でも、市内のあちこちで歓迎のイベントが開かれ賑やかなムードに包まれています。
3月のボランティアの登録更新手続きも終わり、今年度の活動が一段落したこの日、ユニット会員13名参加により交流会を実施しました。
場所は市内中心部から少し離れた東区の元町、地下鉄駅近くの運城飯店、札幌在住の中国人の間でも評判の本場の中国料理を堪能しつつ、「酒逢知己千杯少」よく飲みよく笑い、今年度の活動を振り返り話に花を咲かせました。


3月の登録更新で約半数の方が登録を更新されました。4月の登録更新に続き、4月22日と24日には外国語ボランティアの新規募集が行われます。来年度も新幹線開業や冬季アジア大会なども加えたインバウンド需要の高まりを見据え、さまざまな活動や勉強会を計画しています。たくさんの皆様が入会頂くのを心待ちにしています。

札幌ー瀋陽友好都市提携35周年を記念して、瀋陽を訪問中の札幌市民訪問団に参加した会員よりメールが届きました。一行は11月10日に瀋陽に到着、世界文化遺産に登録されている瀋陽故宮を見学したほか、友好都市提携35周年記念式典に参加し、市民との交流を深めたとのことです。

レッツトーク・プログラムは、札幌国際プラザが開催している外国語でのフリートークを通じて異文化交流を楽しむプログラムです。言語ごとに開催日が異なり、中国語は毎週月曜日に開催され、当ボランティア中国語ユニットのメンバーのほか、外国人を含め広く一般の方々が参加されており、年齢層も学生からご高齢の方までさまざまです。8月第一週にはなんと生後2か月の「Douyaちゃん」がレッツトーク最年少デビューを果たしました。現在活動休止中の札幌在住のライブユニット「如月blanca」のヴォーカリスト「Lingmu(りんむー)」さんの赤ちゃんで、皆さんが会話中にも愛嬌を振りまいて場を和ませてくれました。
レッツトークは無料で予約なしの自由参加で行っておりますので、中国や中国語に興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。詳細は下記のリンクから札幌国際プラザのサイトを参照ください。
http://plaza-sapporo.or.jp/citizen_j/lets_talk/

(生後2か月のDouyaちゃん)

 3月8日、ボランティア会員の次年度登録更新の手続きが始まり、2014年度のユニット活動も終局に近づきました。
昨年4月に赴任された韓交流員さんが、一年の任期を終えもうすぐ中国に帰国されることになり、栄町の中華料理店で送別を兼ねて交流会を行いました。韓交流員さんは、当ユニットの月例会や、国際プラザの"レッツトーク"プログラムなどで、中国語のスキルアップや日中間の相互理解を深めるための活動に尽力いただきました。たった一年、まさにこれからという時で惜別の情は尽きませんが、せめて札幌で過ごされたこの一年を良き思い出として携え、お戻りになられることを願っています。

 2月22日(日)北海道中国帰国者支援・交流センターにより、中国の春節に合わせた「中国帰国者新年交流会」が行われました。会場は数百人の中国帰国者と親族の方々でごった返し、演武や楽器演奏、芸能表演などお祭りと伝統文化が織りなす演出で大変な盛り上がりでした。

 中国帰国者の方々の日本語学習のお手伝いをしている当中国語ユニットメンバーの有志も交流会に参加し、中国漫才や京劇の「変面」など玄人はだしの演技を楽しませていただきました。

 

中国語ユニット所属の<如月Blanca>のLingmuさんが、大通公園で開催中のミュンヘンクリスマス市のステージで、クリスマスソングのライブで盛り上げてくれました。ペアの杉本さんのギター生演奏の音源でのソロステージとなりましたが、MISIAやB'zの邦楽ポップス、オールドファンにも懐かしいジョン・レノンやユーミンの曲を披露して頂き、少し早目のクリスマスプレゼントを貰ったかのような得した気分になりました。圧巻は幻想的なイルミネーションの中で、恋人にあふれる思いを伝える<All I Want For Christmas Is You>、マライヤキャリーのホイッスルボイスを彷彿させる透明な歌声が聴衆の心を捉えていました。


 

中国語ユニットのSYさん(ステージネーム”Lingmu”さん)は、27日のオータムフェストのステージで”如月blanca”というユニットのボーカルとしてライブ出演されました。

我第一次听到了《如月blanca》演唱的歌曲。Lingmu的歌声很好听。她的嗓音特点是可柔可刚,辨析度高,层次丰富,音域广有特别之处。可以打动我的心,我很欣赏她。主题歌由她来演唱我相当满意,相信她的前途将一定会非常光明。

他の中国語ユニットのメンバーも応援に訪れました。とても素敵な歌声をお届け下さり有難うございました。

 

8月31日(日)中国語ユニットメンバー10名参加にて、交流員さんを迎え恒例の「札幌の夏を楽しもう!」交流会を実施しました。今回は中国でも<三宝楽>のブランドで親しまれているサッポロビールの発祥地、明治の面影を残す数少ない文化遺産のサッポロビール博物館を見学し、ビール園にて交流を行いました。

サッポロビール博物館では、日本のビールの草創期において、先駆の気概をもって発足したサッポロビールの物語について紹介いただきました。

ビール園と言えばやはり厳選ラム肉によるジンギスカンと喉越しの良い生ビール。ホールの天井にそびえるケッセル(ビールの仕込み釜)のもと、古き良き時代に思いを馳せながら、ユニットの仲間の飲み・語らいのひと時を過ごしました。

<酒逢知己千杯少>話は尽きず、次回は「栄町の玉林酒家で」という極めて具体的な提案で再開を約束しお開きとなりました。
今回は都合でお越しいただけなかった皆さんも次回はこぞって参加下さい。


 

1

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM