8月例会は10日(木)11名参加でした。交流員さんのフリートークは、在日中国人作家の毛丹青の「来日方長」というエッセイ集の中から。30年ほど前、改革開放が始まったばかりの中国で、高倉健主演の「君よ憤怒の川を渡れ」という日本映画が放映された。この映画には多くの中国人が感銘を受け、作者もその一人であった。それが作者にとって日本に興味を持ったきっかけとなった。以来30年の日本滞在で得られた日本の文化に対する繊細な感覚は、日常の実際の体験から悟ったものであり、日本語で文章を書くときは、母語である中国語とは思考パターンが異なって、新たな感受性の領域を拓いてくれたとのことです。(以下中国語)

・・・・对自然的细腻理解,对四季景观的敬畏均有说服力,或许是因为日本风土中潜藏着对日常的执着,这份执着产生出细腻的感受吧。(中略)

来日本之前,对自然和风土的体验都是概念性的,或者只存在于知识性的记忆中。如今,我在日常生活中的所感所知,乃至所思所想,是像少年时代那样直观的实际体验,而空洞的理念随之远去。这种气质不是靠外部的指导而获得,它是从内心深处萌发出的一种领悟。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM