12月例会は14日(木)、9名参加で実施され、来年2月に行われる「さっぽろ雪まつり」と「中国春節休暇」に来訪する中国人観光客へのガイド対応について話し合いが行われました。例年、雪まつりと春節休暇はほぼ同一期間の場合が多いのですが、今回は重ならないのでロングランでの対応になりそうです。

 

勉強会では、10月例会に引き続き、人民網に掲載された「中国人男性に嫁いだ日本人妻たち」シリーズの2回目、今回は「嫁姑問題」についての中国語長文読解に挑みました。

 

嫁姑問題は日本人同士の結婚でもホットな話題となりがちですが、日中の国際結婚での嫁姑の間では、世代間のギャップだけでなく、文化・習慣の違い、言葉の違いによるコミュニケーション上の大きな壁があります。日本人妻たちはどのようにこの問題に立ち向かっているのだろうか?

<嫁姑問題に関し、日本人妻たちがどのように感じているか、アンケート調査の結果>

 

和中国婆婆的相处,让你感觉如何?

嫁姑間の問題を「かなり大変」または「大変」と感じている人は1/4ほどいるが、「それほどでもない」「かえって楽」と感じている人が意外に多く7割近くを占めた。実際の生活の中では、嫁が外国人ということもあってお互いに寛容であったり、中国語がよく聞き取れない妻があえて聞こうとせず平静でいられることもある。一方で、習慣や価値観の違いについて直接言えなかったり、言いたくても中国語でうまく表現できないために大きなプレッシャーを抱えることもあるようです。

嫁姑間に関する聞き取り調査では、笑ってすまされない驚くべきエピソードもいくつか挙げられました。

 ◇両親と同居する妻は、姑の徹底した節水習慣に驚きました。洗濯機で使った水をいくつかのタライに分け何回も循環利用したり、野菜を茹でた湯で網戸を洗ったりする姑との日々で、気が付けばすっかり節水の習慣が身についていました。

 ◇農村出身の夫と田舎に帰省し春節を迎えたとき、突然発熱した。田舎には診療所がなく、姑が急ぎ人を探して注射を打ってもらった。後で気が付いたがその医者は獣医だった。熱にうなされふと目が覚めたとき、眼前に春節に演じるヤンガー踊りのメークの姑の顔があり、「注射が効いたね」と言われたが、思い出すたび命があってよかったとつくづく思う。

 ◇姑の方もこうすべきというようには求めてこない。その意味では嫁姑の関係は日本より良いかもしれない。嫌味を言われることもないし、外国人の嫁だからという諦めもあるようだ。

 

日常生活の中で、姑との関係でいろいろ腹の立つこともある。しかし正面から衝突するのが苦手な日本人妻たちにとって、ちょっと我慢して譲る気持ちや寛容さが、意外に「一歩譲って最後に勝つ」という効果になっているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comment
事前に備えて勉強会 地道に確りとなさっているのですね。
中国の嫁姑の問題 読ませて頂き成程と感じております。
上海の友人もグチは言っておりませんね。
  • 相子
  • 2017/12/28 09:30
有難うございます。人民網の中国語記事を参加者が頭をひねって訳したものですが、内容的にも興味深いので掲載させて頂きました。
  • 管理人
  • 2017/12/29 07:06





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM