冬の札幌を彩る一大イベントの「さっぽろ雪まつり」が12日に終了しました。今年の雪まつり入場者数は昨年に比べ10万人少ない254万人余りとのこと。その中でインバウンド関係は堅調だったようで、当中国語ユニットがガイドした中華圏からの観光客への対応もかなり手ごたえが感じられたようです。

当中国語ユニットからは、大通2会場、8日間で延べ27人がガイド活動に参加しました。

会場内には中国語の表示や、ウィーチャット・ペイ(微信支付)やアリペイ(支付宝)で支払いが可能な屋台も出現し、利便性が図られているようです。

中華圏のお客様にも言葉の壁を越えて雪まつりを楽しんで頂けるよう、充実した活動ができた8日間でした。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM