札幌市の中心部に位置し、先月末にリニューアルオープンした旧永山武四郎邸を、中国語で案内するための勉強会を行いました。北海道庁第2代長官で、屯田兵の育ての親でもある永山武四郎の私邸として開拓時代に建てられた建造物は、北海道文化遺産に指定されており、純和風書院座敷と洋風応接室が連接した和洋折衷様式の先駆け的存在。これらの状況をまとめた中国語原稿の読み合わせを座学で行いました。固有名詞や時代背景に伴う特殊用語が障害となり、中国語の発音上で、交流員さんよりたくさんのダメ出しがあり前途多難を思わせる出来栄えだったかも知れません。8月初旬の現地ガイド研修に向け、しっかり練習を積んで臨みましょう。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM