10月13日(木)例会開催、9名参加。

交流員さんのフリートークでは中国でよく使われる会話文について指導頂きました。おもてなしの会話など、単文およびグループ化したフレーズで学びつつ、応用文や代替表現についても話が及び、時間の経過を忘れるほど充実した内容でした。一例として、例文の中に出現した日本語の吝嗇(りんしょく、けち臭い)に値する中国語の表現には、日本語と同じ「吝嗇」のほか、一般的な「小気」や慣用句の「鉄公鶏」、「一毛不抜」など表現が豊かで、その反語にあたる「大方」にもいろいろな意味があるとのことです。

協議・報告事項では、10月初めの中国国慶節期間中に札幌を訪れた中国人観光客を旧道庁赤れんが庁舎で迎え、案内する活動を行ったメンバーから、活動時のエピソードや感想について報告があり、それぞれ楽しく有意義な活動ができたようです。何より中国人観光客と接する機会に遭遇し、実際の会話で得られたものは、今後の活動に向けての自信につながり、より発信力が高まっていくことが期待されます。来年にかけて中国の春節休暇や、さっぽろ雪まつり、冬季アジア大会などのイベントが目白押しです。しっかり準備しつつチャレンジしましょう。

10月初めは中国の国慶節の休暇にあたり、当ユニットメンバーも、札幌商工会議所ボランティアの会の皆様と協力しガイド活動を行っています。今年の特徴として、中国からの観光客については団体客の来館が比較的少なく、個人旅行客が増えている傾向が見られます。狸小路商店街等では団体客も多く見かけますが、何台もバスを連ねて赤レンガ庁舎を訪れる風潮は下火になっている模様です。

ただ、相変わらずたくさんの韓国人の団体旅行客が切れ目なく来館されています。

9月例会は8日(木)、8名出席にて開催しました。

8月に行われた国際プラザのボランティア新規募集で、中国語ネイティブ3名を含む8名の方が新たに中国語ユニットに登録され、年度後半に向けて態勢が整いました。例会では、役員会報告のほか、劉交流員さんによる「中国を知るセミナー」、派遣活動報告(カーリング国際大会)、豊平館見学会報告、冬季アジア大会等について情報交換を行いました。

また、10月1日より中国の国慶節休暇を利用した中国人観光客の増加に備えたガイド活動について話し合いを行いました。今年も国慶節期間中、札幌商工会議所様から協力要請を頂き、道庁赤レンガ庁舎において連携してガイド活動を行うものです。しっかり準備して、海外観光客に高い満足度を感じてもらいリピーター拡大につなげたいと思います。

 

 明治初期に木造の洋風ホテルとして建設された由緒ある建造物「豊平館」(国の重要文化財)が4年間の復元・改築工事を経てリニューアルオープンしました。当ユニットでは、かねてより「五稜星」にまつわる北海道開拓使による歴史的建造物についての勉強会を実施してまいりましたが、リニューアルオープンを機に、8月28日、その代表的な建造物「豊平館」の見学会を行いました。

<豊平館の歴史・中国語の説明>

<1階ロビィ階段>

<2階広間>

 当日は17名が見学会に参加、豊平館の案内スタッフを兼ねているS会員により、豊平館の歴史や施設・展示等の見どころ説明を受け、約1時間半に渡る見学を行いました。


<歴代天皇が行幸・行啓時に使用された品々>

<天皇の御座所となった梅の間>

 とりわけ、白く塗られた下見板の外壁にウルトラマリンブルーを使用した枠回りが映えた建物の美しい外観に目を見張り、開拓時代が息づいている館内の施設や展示物で歴史を体感し、貴重な時間を過ごすことができました。

 今後、この「豊平館」の魅力を札幌を訪れる外国人にも発信し伝えて行きたいと思います。

 

8月21日(日)札幌国際プラザにて外国語ボランティアの新規募集(夏)説明会があり、参加された62名のボランティア希望者のうち、8名の方が当ユニットに入会・登録されました。何人か中国語ネイティブの方もおり、今後のユニット活動にも何かと協力いただけそうです。この秋から冬にかけて、国慶節や春節などの中国での大型休暇や、さっぽろ雪まつりや冬期アジア大会等のイベント開催により、札幌市内は中国からの観光客で一層の賑わいが見込まれます。新しい仲間とともに協力し合い、充実したボランティア活動を目指しましょう。

7月例会は夏本番到来の14日に行われました。

交流員さんのフリートークでは中国語の漢字について解説頂きました。

約10万語あると言われる漢字の中で、日常使われている漢字は3,000字程度で、大半は大多数の人にとって一生涯使われない存在と言えます。中国語で最も多い画数の漢字は「龍」を3つ重ねた字で51画とのことです。また標準中国語にはありませんがNETなどでは「biáng」(56画)という字があり「biáng biáng mian」という麺も存在するそうです。但しこの字は新華字典や康煕字典にも掲載はないようです。

  

ちなみに、日本で最も画数の多い漢字は「たいと」という字でなんと84画あるそうです。下の画像をご覧ください。

奥の深い漢字文化は漢字文化圏が共同で保護して行かなければなりませんね。

 

6月25日(土)中国映画鑑賞会を行いました。

 

 ・題名:「千里走単騎(単騎千里を走る)」主演:高倉健、共演:李加民、将雯、邱林、寺島しのぶ  監督:張芸謀

 ・内容:中国雲南省を舞台に父と子のつながりを描いた中国・日本の合作映画。題名は「三国志演義」第27話にある関羽が一時仕えていた曹操の下を出奔して旧主劉備のもとへ帰った故事「六将を斬りて五関を過ぐ」を独立させた小説「千里走単騎」から。長年疎遠だった息子が病に倒れたことを知らされた父親。民俗学者である息子がした中国の仮面劇(儺戯)役者との約束を代わりに果たすため単身中国に渡る。雲南省の美しい景色や街並みの中で繰り広げられる、プロの俳優ではない中国の一般の人々による演技・表情は心に響くものがあり、言葉が十分通じなくても理解し合い友好関係を築くことができる点は、われわれボランティアにとっても大いに参考になりました。

 鑑賞会に参加したユニット会員の皆さんからアンケートの協力を頂きましたので一部をご紹介します。

・人情が深く感動した。胸が熱くなった。久々に涙を流した。

・日本語の台詞にも中国語の字幕があって勉強になった。

・外国語の学習は単語の数ではないことをこの映画で教えられた。

・雲南省の風景や街並みに惹かれた。ぜひ行ってみたい。

・今回のような映画を次も見てみたい。

リクエストにお答えし、次の企画も準備したいと思います。

 

6月例会では、中国の小学校低学年で出題される試験問題に挑戦しました。
結構な難問でした。恐るべし中国の小学生!
一部をご紹介しますので皆様もチャレンジされてはいかがでしょうか。

1.看拼音写汉字,组成词。
yuán :  草(    ),  队(    ),公(    ),(    )形,  美(    )
jīn  : 公(    ),红领(    )
lù   : 公(    ),(    )水,  迷(    ),(    )地
kè  : (    )苦,(    )桌,(    )人,(    )服

2.用下列每两个字作偏旁部首,分别组成7个字。
木  十  几  口
(    )(    )(    )(    )(    )(    )(    )

3.两两相对(写出相对的字/词)
有(    )同享,有(    )同当        (    )有所思,(    )有所梦
(    )无双至,(    )不单行        当局者(    ),旁观者(    )
(    )则改之,(    )则加勉        (    )枪易挡,(    )箭难防

【解答】
1.原,员,园,圆,元        斤,巾      路,露,路,陆      刻,课,客,克
2.机,古,杏,叽,田,呆,叶,朵,困...... 
3.(福)(难),(日)(夜),(福)(祸),(迷)(清),(有)(无),(明)(暗)

        

<この記事は当ユニットS会員より寄稿>

偶然にも因果関係のない2つのイベントを視聴するため、5月13・14日と2日連続で初めて西区宮の沢にある”ちえりあ”を訪れました。
【一日目】
札幌市国際交流員の一人、韓国の孫ミンジさんの講座を受講しました。講座では交流員さんが見た札幌や北海道の魅力について具体的な事例を紹介頂き、自分たちが知らない北海道の魅力や、普段はあたり前と思っている生活や文化の違いについて再発見するところとなりました。韓国人から見ても北海道や札幌は観光資源が豊富で観光地として愛されていることは想像に難くありませんでしたが、ラーメン(インスタント以外)やスープカレー、ジンギスカン等の食文化は未知の世界とのこと。また韓国人に人気の北海道の観光スポットTOP5は、小樽・函館・富良野・登別・網走で残念ながら札幌は圏外でした。2時間の講座のうち後半は「熱い韓国」の今を紹介頂き、韓流ドラマとは違った世界も垣間見え、風俗習慣の違いや共通点について理解を深めることができました。

【二日目】
元中国語ユニット会員(活動休止中)のSさんがヴォーカルを務めるユニット「如月blanca」のコンサートが”ちえりあ”のロビーで開催されました。昨年のミュンヘンクリスマス市以来のステージでしたが、相変わらず伸びやかな歌声が吹き抜けのホールいっぱいに響き、多くの観客や道行く人たちが足を止め演奏に魅了されていました。五月のさわやかな風、初夏の海など季節感たっぷりの曲目に加え、ママさん歌手として成長され愛情や優しさが込められた、miwa「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」等が披露され、感動のうちに過ぎたあっという間の30分間でした。今後のますますのご活躍を期待したいと思います。



 

5月例会は5月12日(木)8名参加にて実施されました。
冬季アジア大会の多言語ボランティア募集が始まり、申し込みのための情報交換や、YOSAKOIソーラン祭りの中国語案内ボランティアの募集に伴う情報提供など、活動に向けてのミーティングが行われました。また、中国映画鑑賞会や、留学生等の在札幌中国人を招いての交流会等も計画され今年度の活動が具体化しつつあります。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM